谷田部キリスト教会
教会の歴史


 谷田部キリスト教会は、1963年にドイツ人宣教師によって谷田部の地に初めて イエス・キリストの福音が伝えられて誕生しました。1963年4月に開催された特 別伝道集会から、谷田部の地での宣教の働きが始まったのです。


 その働きは、家の教会と天幕集会の時代、そして第一期教会堂時代、第二期教会堂 時代へと導かれ今日に至りました。

天幕集会 旧会堂 新会堂


 教会の働きは、ドイツ人宣教師のヘルムート・マン師(1963〜1971年)によって始められ、協 力伝道者の高田真三師と共に進められました。 最初の教会堂が献堂された直後に、立入良江師 ( 1970〜1971年)が働きに加えられ、続いて西田静子師(1971〜1986年)に引き継がれました。そ の間に、河原嶺子師(1983〜1984年)が協力されました。また水海道の教会の牧師であられた松 山潔師の協力をいただきました。その後、田村勉師が牧師として就任され(1986〜2000年)、岸 本聖司師(2000年〜現在)に引き継がれて現在に至っています。

ヘルムート・マン師と高田真三師 立入師、西田師、河原師

松山師夫妻 田村師夫妻、岸本師夫妻
(谷田部キリスト教会宣教40周年記念誌「主を喜び聖名に信頼して」より)


 1982年の牧師館建設、1990年の宗教法人格取得、1997年の新会堂建設、2003 年の基本構想制定、2004年の隣接地・駐車場用地の購入と導かれ、開拓からの50年を経て、 更に新しい時代に向かって前進しています。現在は、日本福音キリスト教会連合に加盟し、全 国の187教会との交わりを持っています。また日本、アジア、世界の福音的な教会とも協力して います。

日本福音キリスト教会連合 谷田部キリスト教会 茨城県つくば市台町2丁目10-14
Japan Evangerical Church Association - Yatabe Christ Church
http://www18.ocn.ne.jp/~yatabe/
topへ